人財育成&活用事業部の仕事内容

  • 人財育成&活用事業部について

    素質はあるが、チャンスや金銭的に恵まれないアジアトップレベルの若者を育てる私塾を運営しています。
    また育てた人財と共にアジアの工場再建や経営請負、新規事業創出等に取り組んでいます。

    日本は少子高齢化が深刻化し、国内市場は縮小。
    しかしながら、現在ではまだ国内のほとんどの企業は国内市場に依存しています。
    今後はあらゆる産業において海外、特にアジアに目を向けていかなくては、企業は成長出来なくなってきます。
    実は日本だけでなく、アジア各国も国際化の波に対応しきれず、色々な課題に直面しています。
    経済格差、教育問題、汚職、環境汚染 … 特にアジア地域はまだ教育水準が十分ではなく、「良識あるリーダー」が育つ環境がなく、結果多くの社会問題を誘発しています。

    私たちは、アジア地域の社会問題を“本質的に解決”するには「現地の素質ある人財を、国際的視野を持つリーダーへと育てるしかない」と考えています。
    リーダーがそこに産業を興せば、仕事が生まれ、人々の生活が生まれます。
    国際的視野を持つ人が増えれば、環境問題の改善や自国の国際化も進んでいきます。
    アジアで共通の理念・価値観を持つ“頭脳”を養成し、日本とアジアが一体となった成長に本当の意味で貢献する事を人財育成&活用事業部は目指しています。


    主な業務内容


    □ 人材の育成


    アジアで「頭脳人材」「高度人材」の育成を行ないます。
    GMCでは頭脳人材、マイスタースクールでは高度人材を育成しています。


    □ 企画・提案


    人材を必要とする企業、アジア事業で困っている企業へ人材活用やビジネス支援に関する企画提案を行なう。


    □ ビジネスの創造


    時には政府機関や大学と協力し、アジアの人材育成やビジネス創造に取り組みます。
    自社の発展とともに、アジアの真の発展も担う仕事です。




    STEP


    @ 入社〜3ヶ月


    担当の先輩から仕事の基本、事業内容等を学びながら、同部署の先輩たちのお手伝いからスタート。
    (電話・メール対応、資料作成、先輩が必要とする情報のリサーチなど)


    A 3ヶ月年目以降


    あなたの特徴や適正に応じて、担当する仕事を決めていきます。
    (営業、アジアにおける人材の募集・選抜・教育など)


    B 1〜3年目以降


    アジアを飛び回るグローバルリーダーに!
    次はどんな国で、どんな事をやろうか?あなたが会社を、社会をリードする存在になって下さい。